×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オール電化 費用

サイトマップ

オール電化住宅の費用

オール電化住宅は人気が高まっています。現在自宅をオール電化住宅にリフォームしようかと検討中の方もいらっしゃるかもしれませんね。ただリフォームに踏み切れない方の多くは、オール電化工事の費用が予算に合わず踏み切れないのでしょう。確かにオール電化住宅の工事の費用は結構大きくオール電化の欠点と言うこともできる問題点の一つですね。オール電化住宅に踏み切れない方の心配点はオール電化後に電気代の高騰が気になる!

という方もいらっしゃるでしょう。オール電化住宅は、風呂やコンロを含め家庭の熱源を全て電気で賄う仕組みだからです。結論から言うと光熱費に関してはトータルでかなり負担が軽くなりますよ。

オール電化にすると電気代自体は増えるかもしれませんが光熱費全体はずいぶん安くなります。ガス代が無くなるのが大きいですし、各電力会社がオール電化割引制度を行っている事、夜間電力という格安電力で給湯を賄う為給湯費が大幅に減額計算できる等の理由です。オール電化へリフォームをするとどうなるか?

1. 風呂は湯沸かし器から電気給湯器
2. コンロはガスコンロからIHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは実力を測りにくいかもしれませんが、お湯を沸かす時のガスコンロの時間より大分早く沸騰します。威力は結構すごいです。また、ガスコンロの危険性というか火を使わない強みと言うか安全で自動的に電源が切れたりもします。とりあえず慣れればガスコンロを凌ぐ便利さをもつIHクッキングヒーターなのですが、導入に必要な費用は幾ら位なのでしょうか?

気になりますね。

オール電化への第一歩としてIHクッキングヒーターを設置する場合、環境やIHの機種によっても異なりますが、工事費を除き15万から40万円の費用負担となるでしょう。ビルトインタイプのIHクッキングヒーターの場合、本体価格が約13万〜30万円が相場でしょうか。取り付けの費用は、3万〜8万円程度見積もっておく必要があるでしょう。そして、オール電化住宅の代名詞でもある電気給湯器の切り札エコキュートは設置するためには、だいたい50万円から90万円の設置費用が必要と言われます。エコキュートの本体が約40万〜80万円、設置費用がおおよそ10万円程度でしょうか。

工事費は電力会社とか業者によって多少異なるので見積もりを取って比較検討が必要でしょう。このサイトで紹介しているエコキュートやIHクッキングヒーターはかなり激安条件なので一度確認しても良いと思います。オール電化にするための費用は、決してお安いものではありませんが、設置して電化住宅として機能すれば月々の光熱費は格段に安くなりますし近頃のエコとか環境というキーワードへの配慮も行えて精神的、月額費用的には嬉しくなります。無理なローンを組んでまでオール電化に拘る必要はありませんが、できれば時代の流れに沿う行動も良いのではないでしょうか?

確定申告の医療費控除のポイント

オール電化住宅

オール電化住宅にリフォームすると、ガスを解約行うケースになりますので、暖房も電気ですることになるのです。電気の暖房は、様々あるのですが、オール電化住宅でポピュラーなのは、蓄熱式暖房と床暖房です。床暖房にもいろいろ種類がありますが、最近では、既にある床の上に設置できる上張りタイプもあります。その場合は、床を張り替えずに済みますが、床が痛んでいないことが条件です。

費用は床材が40〜65万円です。工事費がだいたい10〜15万円です。(工事費には床暖房設置工事費、電気工事費、専用回路配線工事費を含みます)
合計50〜80万円で導入できます。

一般家庭の電圧は100ボルトですが、オール電化住宅では200ボルトの電源が必要になります。そのための電気配線が必要ですので、なければ引き込むための工事をする事になります。リフォーム(費用はかかりますが、その分、快適な生活ができるようになるでしょう)の費用は決して安くはありませんが、経済性、安全性、快適性などを長い年月で考えると、メリットはたくさんあります。ご家族のライフスタイルに合ったオール電化住宅のリフォームを行うといいですね。

オール電化へのリフォーム

オール電化の住居へのリフォームを希望される方が増えているではないかと思います。これから住宅を新築するのではなく、今の住宅をオール電化にする、ということです。安全で快適、しかも経済的で、環境にやさしい生活の為の設備に変えていくと言うのが、最近の人気のテーマなっているんですね。

オール電化へのリフォームの足がかりとして、取り合えずエコキュートの設置、そしてIHクッキングヒーターをガスコンロの代わりに導入することからはじめたらいいのではないでしょうか?

リフォームの業者によって、多少の違いはありますので、取りあえず、見積もりを出して見ることからやってみましょう。オール電化にしていく事は、経済的なことを考慮しても、そして、地球環境を考える上でもオススメの方法になります。IHクッキングヒーターは、真夏の暑い日に料理していてもガスを使わないので熱気がこもらないし、吹きこぼれなどによる火の立ち消えの心配がないので、料理を行う人には助かる点だと思います。

ガスコンロよりお手入れが簡単ですし、安全なのもうれしい特徴です。また、エコキュートは、ガスの給湯器よりエネルギー効率が高いですし、さらには電気代が昼間の3分の1になる深夜電力を利用しますから、給湯器に使用する電気代は大幅に低減されます。エコキュートは「エコロジー」な「給湯器」から付けられたネーミングどおり、ガスや石油を使わないで空気中の熱でお湯を沸かし、冷媒にフロンではなく二酸化炭素を使用しているので、環境に非常に優しいとされているのです。

オール電化へのリフォームは、確かにお金がかかります。しかし、長い目で見ればオール電化住宅にした方が、後の光熱費は削減できるかもしれません。エコキュー(ビリヤードでは、その競技によって、違う種類のキューを使用します)トを導入すれば国から補助金が出ることもありますので、オール電化へのリフォーム(それなりの手間や費用が掛かってしまうものです)をご検討の方は、まずは情報収集からはじめてみて下さいね。

「オール電化住宅の費用」について

注目を集めるオール電化住宅ですが、エコキュートやIHクッキングヒーター等の設置費用が気になるところです。